Fiware

FIWAREは、スマートなアプリケーションやサービスを開発するためのAPIとツール群を提供するオープンソースのプラットフォームです。FIWAREコミュニティは、FIWAREプラットフォームの開発と利用を支援するために集まった個人と組織のグループです。彼らは、ドキュメント、チュートリアル、コードサンプルなどのリソースを共同で作成・共有し、プラットフォームを利用する開発者のサポートを行っています。また、コミュニティは、FIWAREの利用を促進するためのイベントやミートアップを開催し、メンバーがつながり、経験を共有する機会を提供しています。

Fiware

Georepublicとその顧客は、FIWAREプラットフォームを利用することで、様々なメリットを得ています。主なメリットは以下の通りです。

  1. 開発の迅速化 FIWAREは、新しいアプリケーションに簡単に統合できる、あらかじめ構築された再利用可能なコンポーネントのセットを提供し、開発プロセスのスピードアップに貢献します。
  2. コスト削減。オープンソースのコンポーネントやツールを利用することで、新しいアプリケーションやサービスの開発に関わるコストを削減することができます。
  3. 相互運用性 FIWAREは、他のプラットフォームや技術との相互運用が可能なように設計されているため、既存のシステムと新しいスマートサービスやアプリケーションを容易に統合することができます。
  4. スケーラビリティ FIWAREはスケーラブルに設計されており、大規模なスマートサービスやアプリケーションの開発をサポートすることができます。
  5. イノベーション FIWAREを利用して、新しいスマートサービスやアプリケーションを開発することで、市場での競争力を維持し、新たな収益源を生み出すことができます。
  6. コミュニティのサポート FIWAREを支える開発者とユーザーの大規模なコミュニティは、常にプラットフォームの改善に取り組み、開発者にサポートを提供しています。

全体として、FIWARE を利用することで、スマートなサービスやアプリケーションをより効率的かつ効果的に開発・展開することができ、競争力の強化や新しいビジネスチャンスにつながる可能性があります。

Georepublicと一部のチームメンバーは、特に日本におけるFiwareプラットフォームの普及に取り組んでいます。

関連チームメンバー Fiware

Yuko.F

Yuko.F

ダニエル

ダニエル

関治之

関治之

関連記事

logo.png
Code for Japan

シビック(市民)がテック(技術)を使って地域や身近な問題を解決するシビックテックによって、社会をオープンにつなぎ、アップデートしていきます。

hansjorg-keller-CQqyv5uldW4-unsplash.jpg
オープンガヴァメント

弊社代表の関治之(Hal Seki)は、Code4Japanの代表として、日本のシビックテック・ムーブメントをリードしています。弊社では地方自治体やNGOにテクノロジーとコンサルティングサービスを提供しています。

digital-transformation.svg
デジタルトランスフォメーション (DX)

あらゆるデータが空間的であれば、地理空間データは必ずしもスマートではありません。私たちは、お客様のデジタルトランスフォーメーションに貢献します。

citizen-engagement.svg
市民協働

都市部でも農村部でも、位置情報サービスを利活用できます。そのためにはまず市民と行政双方のテクノロジーのコラボレーションを育む必要があると考えています。

dave-goudreau-jviblDl60IE-unsplash.jpg
インサイト
sinsai.infoについての記事をTechWaveに寄稿しました。
2011年4月25日
osm_logo.png
OpenStreetMap

OpenStreetMapは、人々によって作られた世界地図で、オープンライセンスのもとで自由に使うことができます。

jorge-ramirez-0vmMg1r7FRU-unsplash.jpg
モノのインターネット

スマートテクノロジーは、センサーや自動化を活用したものです。Georepublicは、IoTを活用したスマートソリューションの企画・開発を支援します。

next-generation-internet.svg
次世代インターネット

明日のインターネットは、今日からつくられる。次世代のインターネットは、すべての人の役に立つものであり、個人のプライバシーを保証するものでなければならないと考えます。